取締役の意味と役割

株式会社設立において設けられる取締役の意味と役割

株式会社設立によって発足する会社とは、その会社を所有する者と会社の事業運営を行う者とが別々になっている、という形態である会社法人です。

というのも、会社を所有している者とは、株式会社設立に際して資金を出資した株主、という「社員」なのであり、会社の事業運営を行うのは役員とも呼ばれる取締役、という従業員から選ばれる者となっているために、この前者の運営主体が株主総会であって、後者の運営主体が取締役会というように、会社の所有と事業運営の主体が一体化していない、というのが株式会社という会社法人の特色だからです。

従って、株式会社設立によって会社法人が発足される場合には、その前提にもとづいて取締役を選任して、その事業運営に当らせる、ということになります。

このために、実質的な会社の事業運営というものは、この役員たちの決定に従って行われるわけで、この社長以下の、専務や常務といった役員たちの指揮下で、役員ではない従業員たちが日々の業務に励む、という形で会社の事業が行われることになるのです。

このようにして、会社の事業運営が黒字決算となれば、会社の所有者である社員すなわち株主には、その出資額に応じた配当が行われるわけですが、もしも赤字決算となってしまえば、当然にこの株主配当は行われません。

この意味で、その会社に出資して株主となるのか否かという判断とは、その会社の事業経営が黒字となって、株主に配当を出せるようになるのか、それとも赤字経営となってしまって、株主配当が出せないものとなってしまうのか、ということの見極めであるわけです。

つまり、出資者である株主にとっては、会社とはあくまでも投資の対象であるわけで、自らが事業運営を行うものではないのです。

この株主に対して、株式会社設立に際して、役員として雇用されることになる者には、会社の事業運営という仕事を任されることになるために、この株主(社員)に対して責任を負う、という立場となります。

これが、取締役会が株主に対して責任を負うということで、もしも事業運営に失敗して赤字決算となってしまえば、その役員は、株主総会で株主からその責任を追及されることになり、場合によっては役員を解任されてしまう、ということもあるわけです。

すなわち、株式会社設立によって発足する株式会社とは、その設立資金(資本)を出資する株主たちによって立ち上げられ、その株主たちから事業運営を委託された役員たちによって、事業収益を上げるべくその運営がなされ、株主たちに利益配当を出すことを目的としている営利法人、ということになるのです。

Copyright© 2014株式会社設立に合わせて同時にすべきスタートダッシュについて All Rights Reserved.