最近の投稿

会社設立とブログの開設

株式会社設立と同時にブログの開設を

つい先日までは大学生だったのに、会社に入ると1年や2年で、本当に見違えるように若者は大人の顔になっていくものです。中学1年生が学生服など似合わないように、社会人1年生もスーツなど似合わなかったはずなのに、ほんの少したつと、すっかりスーツ姿が板についてきます。見ていて頼もしくなりますね。

そして社会人3年目。このころには、仕事にも慣れ、そして中の良かった同期の間にも、徐々に社内における序列がついてきます。ほとんどの人は、まだ主任レベルなのですが、早い人だと、支店長レベルの仕事を任される場合もあります。いったい、この差はなんなのでしょう。

酒の席では、営業成績などあいつも俺も変わらない、などと愚痴が出てきます。確かに、目立った成績の違いは見られないことがあります。しかし、その職位の差が歴然としてくるのです。

それが、リーダー体質というものなのです。オーラ、と言っても良いでしょう。何か違うものが、その人にあるのです。その、何か違うものとは、結局、人を引き付ける魔力のようなものです。こうした人が、最終的には会社の役員にのし上がっていくのです。
さて、そのような人が会社で出世街道を進むのも良いのですが、せっかく才能を持って生まれたのですから、一旗あげてみても良いでしょう。思い切って退職して、自分で株式会社設立をするのです。起業です。

才能のある人は、いずれ会社に対して疑念を持ち始めます。会社自体の限界が見えてしまうのです。自分ならこうすると思っても、組織である以上、自分の意志が効くわけではありません。だからこそ、株式会社設立をして、自分の力で世の中にご奉仕すれば良いのです。

しかし、株式会社設立といってもそんなに簡単ではありません。まず、資金を集めなければなりません。20代そこそこで起業のための十分な預貯金を持つ人は、皆無でしょう。銀行融資も難しいでしょう。ならば、親族に助けてもらうのです。こんな時こそ親族の力を結集するのです。また、株式会社設立のための助成金などの活用も忘れないようにしましょう。返済する必要のない資金なので、活用しない手はありません。

そして、営業活動です。若さゆえの営業方法があるはずです。足で稼ぐ、というのも営業の基本です。会社では十分に習ってきたことでしょう。電話をかけまくったり、DMを送付したりするのも有効です。

しかし、若さゆえの営業活動、すなわちブログの開設です。ブログから発信された情報が、その後大きく育った例など、たくさんあります。アイディアを駆使するのです。営業に近道はないというのは、昔の話です。

株式会社設立する際には、あなたのこれまでの知識や経験、そしてセンスを存分に使ってください。人が集まる体質を、才能を持つのです。きっとあなたが良いと感じた方法は、効果を発揮するでしょう。

Copyright© 2014株式会社設立に合わせて同時にすべきスタートダッシュについて All Rights Reserved.